1歳3ヶ月からリトミック教室に通いました

子どもが1歳3ヶ月の頃、生徒を募集していたリトミック教室に申し込みました。
幼稚園に入園する3歳すぎまで2年近く通っていたことになります。
きっかけは、音楽教育の記事を読んだことです。

早い時期から音楽に慣れ親しむと音感がつくとか、リズム感がよくなる、とか。
でも、いきなりピアノの個人レッスンは年齢的に無理なんだとか。
2歳くらいでも、先生との追いかけっこでも終わってしまうケースがあると書かれていました。
そのため、まずはリトミックから始めてみようと思いました。

最初は、本当に何もできなかったです。スタッフさんに人見知りをして、
ずっとしがみついて泣いて終わった時期もあります。
ただ私と手をつないでヨチヨチと歩くだけの時期もありました。

それが、だんだんと「ピアノの音が止まったら、止まる」という
簡単なルールを覚え、ピアノが早くなったら駆け足するようになり。
3歳の頃には、先生が4分音符や付点8分音符を混ぜたリズムを弾くのに合わせて、
手を叩けるようになっていました。

ピアノは家で私が教えているのですが、ドレミは覚えましたし、
リズムは楽しく叩けるようになっています。歌も大好きです。
リトミックと1口でいっても、教室によって内容がかなり違ってくるようです。
ピアノだけで体操やリズム打ちをする所もありますし、
CDをかけて全員で体操というよりダンスを踊る所もあります。

また、布や楽器、棒などで様々な物を叩いたり
音を出すようなプログラムを組み入れている所もあります。

40分1レッスンではずっと体を動かしているわけにもいきませんから、
途中で休憩が入ります。絵本の読み聞かせや、パネルシアターなどを先生が作って見せてくださいました。
その間は、一緒に動いていた親もいったん休憩できます。

リトミックは子どものみならず、親にとってもいい運動になります。

また、同じような年代の子が集まりますから、情報交換もしやすいですし友達もできます。
お互いの子どもの成長を確かめて、時には不安になり時には安心して。
子どもと一緒とリトミックをするうちに、親である自分も成長していったな思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*