Category Archives: 育児日記

産後うつのために母乳育児を途中で断念

1人目の子供のとき、母乳育児をしていたのですが、途中で私が産後うつになってしまいました。私は完璧主義なところがあって、「こうと決めたら、絶対にそうじゃなきゃだめ」と思いこんでしまいます。なので、一人目の育児中も母乳育児にこだわって、ミルクは使っていませんでした。そんなときにうつになったのです。ぼんやりとする時間が長くなったり、些細なことでいらいらして物に当たったりするようになったのですが、当初はうつとは気付かず、ただ疲れがたまっているのだろうと軽く考えていました。

 

ところが次第に食欲が落ちてきました。それも忙しさのせいだと思いこんで、軽く考えていたのですが、母乳の出が悪くなったときに初めて「やばい」と焦りました。病院に行ったところ、うつの診断が出されました。「えっ」て感じでしたが、産後うつの症状のリストを見て納得しました。

 

困ったのはその後です。

 

うつなので、手っ取り早く治すためには抗うつ剤を使うのが一般的です。でも、当時の私は授乳中。抗うつ剤は母乳に影響します。母乳育児を続けるのなら飲むべきではなかったし、抗うつ剤を使うのなら母乳育児を中止するしかありませんでした。私は自分の母乳で子どもを育てたいという気持ちが強かったので、悩んだ結果、抗うつ剤は使わないことにしました。医者のすすめでリフレッシュする時間をとったり、食欲がなくても三食きっちりとるという薬以外でうつを治そうとしたのですが、症状は重くなる一方でした。

 

また、食事をとっても母乳の出はよくならず、抗うつ剤を使わなくてもミルクの手を借りなければならない状態になりました。このときになってやっと私は抗うつ剤の使用とミルクでの育児を決断しました。抗うつ剤を使い始めてからは確実に症状は軽くなっていきました。それと同時に母乳の出も戻ってきました。でも、せっかく出るようになっても子供に与えることはできませんでした。そのときの切ない気持ちは今でも忘れることができません。また、ずっと母乳を与えていたため、ミルクを与え始めた当初は哺乳瓶の感触に慣れていなかったためか、子供がちゃんと飲んでくれず困りました。

 

二人目の子供では、この反省を生かして最初から母乳とミルクを併用して、哺乳瓶にも慣れさせました。