子供は大好き!リトミック

最近は、子育て支援活動が年々盛んとなり、児童館、公民館、コミュニティーセンター、またはボランティアによるサークル活動などで、様々な地域・施設において身近に体験出来るようになったのおリトミック。
音楽にあわせて楽しく身体を動かすことで、リズム感覚はもちろん、音楽の楽しさ、決まった動きを意識する感覚や、耳に入る言葉を体で覚える知育要素、あわせて子供自身の気持ちの発散も出来、お母さんにとっても一緒に動いてストレス発散と、一石二鳥以上の活動だと思います。

保育園に入園出来れば一番良いのですが、なかなかそう簡単にはいかないのは、どこの地域も一緒ですよね。
幼稚園に入るまでの3年間、2年保育なら4年間、短いようで長いと感じるのが、3歳4歳頃の何でも出来ることが増えて活発になる…そんな時期じゃないでしょうか。

まさに2年保育幼稚園に入れるため、長男が4歳の誕生日を迎える頃でした。
毎日毎日戦いごっこの相手で、ワンパターンに基本親は悪者役。
大人が元気があろうと無かろうと、子供は全力に向かってきて、満身創痍状態が続くのです。
そんな時、子育て支援情報を集め、片っ端からイベントに参加し気付いたのが、身体を動かしたイベントに参加したその日は、驚くほどに聞き分けがよいのです。
なんなら疲れて昼寝してくれたりするので、親子心身共に健康になってゆくのが見て取れました。
リトミックは特に有効で、思いっきり身体を動かし大きな声で歌い、終了後には爽やかに汗までかいてスッキリした表情なのです。

ならば…と思い、近くで英語リトミックの教室があったので、体験してみることにしました。
英語なんて早いかなと思いましたが、リズムや音楽の楽しさで、大人の自分が苦労するような単語も歌うように習得していきました。
暗記にうんざりしながら机に向かっていた親の私達からは、考えられないような発音も飛び出し、なによりストレスレスに楽しそうに、いつの間にか…と言う部分では本人達も驚いてる様子でした。

習い事、始めるにも続けるにも勇気が要りますが、リトミックほどプラス要素の高い習い事はないなと思うほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*