娘と一緒にリトミックを楽しんでいます

自分に子どもができるまでは、リトミックがどういうものなのか
全く知りませんでした。
そういう音楽を通しての教育があることも、初めて知りました。
私はママ友達に紹介してもらったのですが、
娘がヨチヨチ歩きの一歳を過ぎたくらいに始めることにしました。

近所の施設で、民間のリトミックの先生が格安で
リトミック教室を開いてらっしゃったんです。
もともと音楽大学を卒業されて、その後心理学なども
勉強されていたようです。
子育ての経験者もある方なので、子供たちにはとても優しく、
扱いも慣れてらっしゃいました。
近所の仲の良いお友達もたくさんその教室に通っていたので、
私たち母子も行って見ることにしました。

娘は最初の頃は恥ずかしがってなかなか先生の言うとおりに
できませんでした。
まずは1人づつ、音楽に合わせて挨拶をしたりします。
母の膝の上に座ってやります。
音程もとれませんし、人前で歌いながら挨拶なんて、ハードルが高いのです。
でも、お母さんと一緒にやってもいいので、とりあえず一緒に歌ってみます。
ちょっとでも声が出せると先生に褒めてもらえます。
そうやって、どんどん上達していき、ちゃんと音程も取れるようになりました。
子供たちが、ちょっとづつ色々な挨拶を覚えたりできるようになるのです。

そして、音楽に合わせて、歩いたり、立ち止まったり
スキップしたり、体でリズムをとることを覚えていきます。
母親が大袈裟に、楽しく一緒にやれば、子どもたちもどんどん
活発になって、楽しくできるようになっていきます。

母にとっても楽しい場所です。
子どもとコミュニケーションが取れますし、
新しくママ友達もできます。
そして何より自分の子どもだけでなく、沢山の子供たちの
踊ったり歌ったりする姿が本当に可愛いいのです。

一年に一度、おさらい会があります。
これもまた母と子が一緒に舞台にたつのですが、
お父さんや祖父母に可愛い姿を披露するのです。
初めての大舞台に泣いてしまう子もいます。
でも、またそれが可愛いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*