子供と一緒に始めたのがきっかけです

私自身、小さい頃にバレエをやっていたので、娘が生まれたらバレエ、息子が生まれたらリトミックを体験させてあげたいと考えていました。音楽に合わせて身体を動かすのはすごく楽しくて、また、リズム感を養うのに役立ったと自分自身が思っていたからです。

生まれたのは男の子だったので、親子でリトミック教室に通い出したのですが、思った以上に息子が喜び、私も一緒に参加していて楽しかったです。同じ年頃の親子グループで受けたのですが、最初は抱っこした息子と一緒に、短い音楽に合わせて身体を使って動くだけでしたが、徐々に長いリズムにも乗れるようになりました。

まもなく下の子を授かったので、今度はマタニティーリトミックにも挑戦しました。お腹の赤ちゃんと一緒にリズム遊びをするのは、すごく新鮮な体験でした。お腹の中の赤ちゃんとのいいコミュニケーションになったと思います。

息子は小学校2年生までリトミック教室に通っていたのですが、幼い頃から身体を動かす事に慣れているせいか、運動が好きでしかも音楽も好きです。リズム感を養うためには楽器を習うのも良いと思いますが、その前の段階として、自分の身体を使って音楽やリズムを直接感じる事のできるリトミックは、気軽で楽しい体験だと思います。

マタニティーリトミックは、お腹の赤ちゃんとのリラックスタイムになりましたし、あまり運動の機会がなく、家に引きこもりがちな妊娠中の良いリフレッシュにもなりました。出産の不安からも解放されましたし、出産の時の呼吸のリズムにも役立ったような気がします。

また、教室とは言いますが、楽しみながら参加できるので、長く通っていて負担になるという事もありませんでした。長くやっていると友達もできて、なお楽しかったです。はじめは子供の付き添いで始めたリトミックですが、いつの間にか自分が楽しんでいました。親子で参加するリトミックとマタニティーリトミック、どちらもやって良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*